👉大学院の学部はたくさんある。

普通は、学部を決めてから、受験する大学を決めます。

しかし、大学院にはたくさんのDegreeがあり、数えきれないくらい多様です。

***

例えば、master of scienceの中には数十個専門が分かれます。

Degreeは、Master's Degreeに絞っても、Master of Science (MSc), Master of Public Health (MPH), Master of Business Administration (MBA), Master of Arts (MA), Master of Engineering (ME), ....


非常に悩ましいですが、、

☆基本的に一大学一学部しかapplyできません!!

よって、しっかり下調べが必要です。

(MBAはあまり悩むことなく、joint degreeとするか、大学選びがメインになります。)


IMG_2252
1個に絞りましょう。


👉MPHとMScの違い

臨床医が臨床研究を勉強したい!という場合、取るとするとこのどちらかとなります。

かなり似ている部分がありますが、どちらか選択しなくてはなりません。



しかし、調べてもいまいちわかりません。。

professional degree (MPH)とacademic degree (MSc)ってなに!?

併願することはできないので、大事なところなのですが.......


悩める方へ、、

Harvard admission officeとのchat(VIRTUAL FAIR: 無料です)は参考になりました!

最終的には自分の興味で決めますが、このチャットでは "あなたにはmaster of scienceが当てはまります" と言われました。



**************

実際に学校が始まると、違いが少しわかります。

↓
Master of scienceは必要な科目が少ないです。例えばepidemiology専攻の場合、epidemiologyとbiostatisticsのみが必修科目で、他は選べます(少し制限がありますが)。

また、同じMScでも専攻によっても全然異なります。health policy & managementの専攻の人は、discussionやcase studyのコースが多いです。

取る授業を選択するときに、どの専攻にいるかで優先順位付けされます。

※MScは4年生の大学卒後すぐに入学する人が多数います(半分くらいな印象)。なので、全体的にかなり若いです。


↓
一方、MPHは必修授業が異なります。MPHの専攻にもよりますが、MScと一つも授業がかぶらないこともあります。

ハーバードの場合、MPHはpracticumといって課外実習が課されます。その成果を発表することが最後に求められます。この期間、研究室に所属する、WHOなどの機関で働く、他internship等幅が広いようです。

MPHは職業経験があるので、平均年齢が高いです。30歳以上の印象です。


印象では、

💡何か具体的な分野で学びたいことがはっきりしている場合、master of scienceにピッタリなコースがあることがあります。


💡MPHは範囲の広い学習のようです。


ではまた。