👉大学院を調べましょう。

学部を決めたら(当たりをつけたら)、大学を決めましょう。

知り合いの卒業生・在校生に話をきくのが良いですが、中々働きながらその機会はありません。


まず、簡単に買える書籍で情報を集めましょう。

アメリカ臨床留学への道


⇨これは医療従事者向けの、臨床留学がメインの話ですが、アメリカ留学全般に通用する大事な情報が集約されています。また、著者の皆さんの頑張りに刺激を受けます。必携です。


アメリカの大学院で成功する方法 留学準備から就職まで (中公新書)


⇨少し古いですが、とてもよくまとまっている本です。道標となります。


*************:

しかし、UpToDateな情報はインターネットにあり、これが重要です。

インターネットは情報が散在するので、これを集約して使いやすくすることが本ブログの一つの目的でもあります。



IMG_1251

 情報収集から....



👉大学院ランキング

客観的な方法を用いてランキングをつけるサイトがいくつかありますが、基本的にU.S. NEWS & WORLD REPOTが客観的で良いです(大学院のサイトでもこの順位を用いて宣伝されています)。


▶︎MPH ranking
・U.S. NEWS & WORLD REPORT ←客観的です
・COLLEGE CHOICE ←主観やや混じっています
・Healthcare Administration Degree Program ←安い順のランキング!

▶︎Master of Science ranking
・U.S. NEWS & WORLD REPORT
・GREAT VALUE COLLEGE

▶︎MBA
・U.S. NEWS & WORLD REPORT
・Business School Ranking in USA
・TOP UNIVERSITIES

などなど。


これを見てみると、必ずしもHarvard 1stという訳ではないことがわかります。日本にいるとハーバードのname valueが一人歩きしている感があります。

しかし、実際は「数ある有名校の一つ」というのが国際的な認識なのです。


ランキングである程度絞って、それぞれの大学ホームページを見てみるのですが、、どれも魅力的に写ってしまいます。



👉志望校の絞り方と注意!

大前提として、MPH/MScは出願校とのmatchingで決まります。

つまり、一人につき、一大学院出願することができるので、迷ったら全部出せば良いです。


しかし!重要な事があります。

★出願に必要なStatement of Purpose(エッセイ)は、志望校毎にフォーマットが全く異なります!


Statement of Purposeは、ふつう、準備にかなり時間がかかります。

文字数が多い大学に合わせて準備し、削ったりして調整する手もありますが、そもそも聞かれているトピックが違う場合があります。

******

例えば、
■ハーバードは以下に関して最大600 wordsで作成します。

  • Academic and/or professional preparation for a career in public health
  • Your focused interest in the degree program/department or MPH field of study to which you are applying
  • Career plans upon completion of the program at Harvard T.H. Chan School of Public Health

■UC Berkeley(超有名+学費が安い)は以下の通りです。
  • Word Limits
  • Statement of Purpose - 1500 words
  • Personal History Statement - 5000 characters (including letters, spaces, and punctuations)
  • General Guidelines
  • Statement of Purpose - Your Statement of Purpose should explain why your background has prepared you for graduate training in public health. It is intended to give you the opportunity to submit a tailored narrative which will describe your education, experience and professional career objectives. Your statement of purpose should describe your: reasons for interest in public health, reasons for interest in program of study and/or concentration, career goals, why you need a degree in your specific program, why you are pursuing this degree now, and why at UC Berkeley. If you are applying to a doctoral program, include your proposed research topics. Please be sure to check your program’s page for more information as some programs have specific prompts they like you to follow. If a prompt is not listed, please follow the guidelines described above. For more information, please see the Statement of Purpose Guide developed by our Graduate Recruitment and Diversity (GRADS) team.
  • Personal History Statement - Your Personal History Statement gives you an opportunity to add some individuality and depth to the information provided in your Statement of Purpose. Your Personal History Statement can include information about who you are as a person, your family background, cultural background, socioeconomic status, educational disadvantages, and experiences growing up. It is intended to give you the opportunity to provide a narrative about your diverse lived-experiences. For more information, please see the Personal History Statement Guide  on the UC Berkeley Graduate Division website.

全然違いますね!!

言いたいことは、ある程度志望校を絞らないとめちゃくちゃ大変!ということです。



②に続く。ではまた。