👉公衆衛生大学院のマッチングサイト。

SOPHAS

University of Washington (シアトル)等の大学を除いて、MPH/MScは基本的にこのサイトから出願することとなります。

ここの事務さんは、非常に仕事が遅くてイライラします。。

メールの返信がなかなか帰って来きません!
(世界中からapplicationがあるので大変だとは思いますが、さすがに)

問い合わせは帰って来ないと考えましょう。


出願を決めたら、早めに登録した方がよいです。
登録すると、やるべきことがわかってきます。

道のりは長いですよ.....


********************

SOPHASのMy Applicationにaccessできると、4項目あることに気づきます。

Personal Information
Academic History
Supporting Information
Program Materials


それぞれ以下に説明していきます。



******

Personal Information

準備なしで、すぐに記入完了します。

正直に書いて、特に損することもありません。



******

Academic Historyです。

Colleges Attend/ Transcript Entry/ Standardized Test からなります。

・Colleges Attendは自分の大学をみつけて選択するだけです。

・Transcript Entryは、日本大学の場合必要ありません!

・Standardized Testは、これでいく!と決めたスコアを獲得してから記入すればよいです。

※成績証明書はWESを介してSOPHASと大学に送る必要があります(別記事参照)



******

Supporting Informationです。
それぞれみていきます。

➡️Recommendations
Recommendation requestを3人以上指定して、それぞれのメールアドレスを記入します。

決定すると、指定された方にSOPHASからメールが届きます。
そのメールにあるURLより、Recommendation Letterを(word fileで)添付するようです。

recommendation letterの準備が整ったことを確認し、URLを送るようにしましょう。


➡️Eperiences
主な経験を記入します。私は職歴のみで問題ありませんでした。


➡️Additional Eperiences
普通の日本人は当てはまらないと思います。
(なくてOKです)


➡️Achievement
業績でしょう。CVに書いているので、私は "Not to add any achievements"を選択しましたが、問題なしです。(なくてOK)


➡️Documents
完成したCVをuploadします。



******

Program Materials

これは、上タブのAdd Programで選択したコースそれぞれに関して、必要な情報をアップロードします。

Statement of Purposeはここで追加します。


★Questionsという項目(おそらくアンケート)で、文章を記入する箇所が学校によってあります。

評価の一部なのか何なのかわかりませんが、しっかり推敲して書くべきです。

・Harvardの場合、"Overlooked Public Health Problems" に関して150 words or 500 characters程度で書くよう指示されました。

150wordsで準備したら全然入らず、結局500 characters以下まで減らしてuploadしました(泣)


事前に志願校の必要項目をチェックしておくとよいかと思います!



******

Submit Application!

おわったー!
submitする数に応じてお金がかかります(数万程度)。


ではまた。