👉Statement of Purposeは自力で書く。


Statement of Purposeは重要です。

数百ワードで自分の目的や大学院の必要性、将来のプランをまとめるエッセイです。

※大学院によってフォーマットが(毎年)異なりますので、必ず確認ください。


いきなり書けと言われてかける人はいません。

他にやる事も多いし、仕事もあるし、、


お金を出して(20万円以上)予備校にお願いするのも手かな、と最初は思いました。


でも、やってみるとわかります。


自分にしかかけないエッセイでないと、意味がないのです。


逆に、自分が入学して勉強しなくてはならない理由を明確に説明できれば、合格に近づくと思いました。


ここでは、私がStatement of purposeを書いた実際のプロセスとTipsを紹介します。




*****************

Statement of purposeなんて一度も書いた事がないので、最初、私は他の合格者のエッセイを参照することとしました。巷にはエッセイを集めた本が売られています。

Hacking Your Statement of Purpose: A Concise Guide to Writing Your SOP (English Edition)


こういうのを参考にするのは、書き始める段階では必要だとおもっています。


しかしながら、有名大学のMBAのエッセイをみると、やっぱりすごい経歴だなー、と思うものが多いです。

何かを自分で立ち上げて何千人に影響を与えたこととか。

そういう人は入学していいですよとなります(入学しなくてもいいんじゃないかと思いますが)


**

一方、そうでもない経歴だけど、よく書いているな、というものもあります。

こういう方の文章が参考になります。


みなさん、「物凄く具体的で」「感情が伝わる」文章です。

また、具体例から入って、言いたいことを言って、最後に具体例に戻るものが多いです。


これを目指しました。



********************

いくつか読んでみた後、自分で書いてみます。フォーマット大学によって異なりますので、必ず確認しましょう。


最初に書いたものをEssay 1として、Essay 5くらいまで時間をかけて自分で推敲します。


自分としてはこれ以上書けない所までいったら、先輩や英語のできる友達や後輩にみてもらいます。


その人と文章を詰めた後、違う人にまたみてもらいます。必ず批判的にみてもらいます。


すると、違った視点から意見が出ますので、それを取り入れて再度書き直します。


、、、と繰り返していくと、Essay 20くらいになった時に、1 wordも無駄がない文章が出来上がっています!


※「こうじゃないんだよな」、「全部書き直しじゃんか!」みたいな指摘が入ると思いますが、しっかり取り入れましょう。ボランティアでわざわざする指摘には、必ず思う所があり、重要なポイントをついています。


さらに違う人にみてもらって、締め切りギリギリまで詰めます。


もう変えられない!!となったものを提出しました。



************

この推敲プロセスで、自分の目的、強み弱み、入学する意味、将来の展望などが、今までより明確に浮かび上がってきます。


これは非常に重要です。今後のキャリア形成に大きな意味を持ちます。


アメリカ大学院留学をすると、今まで見えなかった色々な可能性が開きます。企業の知名度などに惑わされず、自分のやりたいことを貫くには、それをはっきりさせる必要があります。

まさにStatement of Purposeの内容です。


受験業者にお願いすることは簡単ですが、是非自分で考え抜いてください。


ちなみに、合格者のほとんどはみんな自分で書いています。



***********

最後に、色々な方から頂いたアドバイスを元にTipsをまとめます。

参考にしてみてください。


①具体的なエピソードが欲しい

 ....漠然とした話は面白くありません。審査委員は何百ものエッセイを読まねばなりません。


②具体▶︎抽象が読みやすい

 ....これはエッセイによると思いますが、最初が具体例だと引き込まれるようです。


③熱い想いは書かずして伝える
 ....なるほどと思いました。passionatelyとかextremetlyとかは用いません。passionが伝わる、extremeな経験を書くのです!


④自分の殻を破りきれていない
 ....人に見せる文章なので、少し格好つけてしまいます。そういうのは別にいりません。恥ずかしがらず、自分を出してください。


⑤negativeなことは敢えて書かなくてよい

 ....「〇〇の経験をしてきた。しかし自分には〇〇が圧倒的に足りない。だから入学したい」
  この文章は以下のようになります。
  「〇〇の経験をしてきたから〇〇はできる。しかし自分の将来的な目標は〇〇だ。
   だから入学して〇〇を学びたい」


⑥入学したい目的がはっきりしていない

 ....別にどこの大学院でもいいのか、と思われると終了です。併願することは向こうも知っていますが、Statement of Purposeにはこの大学院が良い理由を書くことが必須です。


⑦卒後アメリカに残るの!?

 ....多くの方は卒後アメリカに残りたいと思っていますが、アメリカ人としては、訳わからない人に永住権を与えたいとは中々思えません。卒後は(数年間先進的な施設で経験を積んだとして)母国に帰って母国の医療に貢献する、もしくは発展途上国の医療に貢献する、と書く必要があります。
  
 アメリカにずっと残ってはいけません。大学院に学びにいくのです。


⑧大学院で積極的に学んでいける自信あるの?

 ....〇〇という経験を積んで実績も残しているので、積極的に参加して盛り上げていける自信があります。

※これは重要です。というのは、「私を入学許可する理由」を審査委員は探しているからです。アカデミックの世界で生き残れる人なのか(限られています)、リーダーシップを発揮して独創的な企画を立ち上げてくれる人なのか。何か入学させる大学側のメリットが欲しいです(なんでも)。


⑨字数が少しオーバーしてしまう

 ....少しなら大丈夫です(admission officeが言っていました)



Statement of purposeの準備には、しっかり時間をかけましょう。

ではまた。